バイアグラについてへようこそ

バイアグラについて

バイアグラは決していい薬ではありません。

しかし、多くの男性を救ったという事実と実績があります。

そんな微妙なイメージのバイアグラですが、

1990年代にたまたま開発されました。

たまたまと言うのも、元々狭心症治療の為の薬を開発中に、
臨床試験の被検体である患者が、
何故か勃起作用が強まる傾向があると分かり、
勃起障害治療薬として研究が始まりました。

何故狭心症治療薬に勃起作用があったのでしょうか。

狭心症は、動脈硬化などが原因で、酸素の運搬が悪くなり、
胸が苦しくなる病気です。

ですので、血液の流れが悪い高齢の方などが良く症状を訴えるのですが、
失恋時などに思い出される、あの胸の痛み、呼吸のつらさもそれに当たります。

ですので、狭心症の治療には、血管を拡張し、血液の流れを良くする必要があるのです。

そしてバイアグラにも血管拡張作用があります。
それは、勃起不全の方も血流が悪いからです。

ペニスの血管は非常にせまく、
血流が悪い人は、十分に血液を行き届かせることができません。

その為、一時的にでも血管を拡げ、血流を良くする必要があるのです。

そんな共通点がある2つの症状ですが、
片方の治療に成功したら、どちらとも改善することが見込めます。

バイアグラの作用

SIDE MENU